リアムール RE L'AMOUR

リアムールとは

育毛剤の手軽さで再生医療並みの結果へ
自宅で再生美容を可能にした「リアムール」とは?

時代は再生美容へ

HARG療法に代表される再生医療により、短期間で発毛が可能となる時代へ突入しました。

再生医療ではヒト幹細胞・幹細胞由来の成長因子が使用されており、ほぼ9割が発毛すると言われています。しかし、1回の治療で百数十万という高額なコストがかかり、再生医療はかなりハードルが高いものとなります。

高額なコストが必要な再生治療で使われているヒト幹細胞由来成分を含む再生美容を、自宅で手軽に試せるヘアコスメ【REL’AMOUR(リアムール)】が誕生しました。自宅で再生医療並みの効果が期待できるヘアコスメを気軽に使っていただくことができるようになったことで、再生美容がより身近なものになりました。

幹細胞イメージ

自宅で再生美容ができる最先端へアコスメ【RE L’AMOUR リアムール】

再生医療で使われている3つのヒト幹細胞由来成分を日本で初めてハイブリット処方に成功しました。

ヒト真皮幹細胞(真皮由来)イメージ
①ヒト真皮幹細胞純化培養液
皮膚再生や皮膚若返りに効果
ヒト幹細胞(骨髄由来)イメージ
②ヒト骨髄幹細胞純化培養液
細胞の修復・再生・免疫の増強効果
ヒト幹細胞(脂肪由来)イメージ
③ヒト脂肪幹細胞純化培養液
細胞の成熟化を促進効果

これら3つの培養液には、500種のたんぱく質や細胞増殖因子、成長因子などの『ヒト幹細胞由来成分』が含まれており、これらの成分が

  • 発毛・増毛促進効果
  • 抗酸化作用
  • シワ改善・防止作用
  • 創傷治癒作用
  • ホワイトニング効果

など、肌再生に必要な効果を発揮します。

骨髄幹細胞、真皮幹細胞を配合した へアコスメは、リアムールだけです。

リアムール製品ラインナップ

従来の育毛剤とリアムールの違い

発毛するために重要なのが、バルジ領域です。バルジ領域には、毛包幹細胞と色素幹細胞の2つの幹細胞が存在し、それぞれが細胞分裂をすることで、毛母に細胞の元を供給します。そして、毛穴の根元にある毛母細胞が毛乳頭から栄養を受け取ることで、毛髪が成長します。

バルジ領域にある幹細胞量が少量であったり眠っていたりする場合は、幹細胞が働きません。一旦髪が抜けてしまうと発毛せず、次第に薄毛の状態になっていくのです。したがって、バルジ領域内の幹細胞が活発に活動しているか、が発毛にとって重要なポイントになることが最新の再生医療でわかってきました。

一般に、市販されている従来の育毛剤は、血行を促進したり毛細血管から栄養を取り込んだりする成分が配合されていますが、バルジ領域の幹細胞を活発にする成分は含まれていません。毛乳頭や毛母細胞には働きかけるものの、肝心のバルジ領域へのアプローチができないので、発毛効果を感じることはできないのです。

発毛メカニズム

それに対してリアムールは、再生医療でも使用されている3つの【ヒト幹細胞由来成分】が、バルジ領域にある2つの幹細胞と毛母細胞に働きかけます。

さらに、血行促進作用との相乗効果で、根元にある毛母細胞を生成し、よりしっかりとした土壌(毛穴)をつくるので、毛髪をより黒く、より強く(太く)するという効果を発揮するのです。

リアムールの発毛効果

3か月で効果を実感も
事例:Sさん

事例:Tさん

『使い続けると効かなくなる』を是正します

一般的に育毛剤は、飲み薬と同様
使い続けると体に抵抗力ができ、
効き目がなくなったり、副作用が出たりする場合が
あると言われています。

しかし、リアムールは、
本来人間が持っている幹細胞が主成分であるため、
副作用はありません。

さらには、有効成分をバージョンアップして、
効果効能を向上し続けています。

育毛剤の手軽さで再生医療並みの結果へ
自宅で再生美容を可能にしたリアムールを、
是非あなたの肌でも実感してください。

RE L'AMOUR【リアムール】は
取り扱いサロンからご購入いただけます。